角膜移植 | 眼科医 猪俣武範オフィシャルサイト

角膜移植

角膜移植は1年に日本で2,000件、世界で60,000件行われる最も多い臓器移植です。通常の角膜移植は、その90%以上が生着すると考えられています。しかし、血管新生、感染症、自己免疫性疾患や再移植例などのハイリスク角膜ではその40-90%に拒絶反応を起こすことが問題となっています。これに対して現在ではステロイドやシクロスポリンなどの免疫抑制剤により、急性拒絶反応は減少し、その成績は向上しましたが、免疫抑制剤の副作用(感染症、薬剤毒性)や慢性拒絶反応に無効であるなど未だ問題が多いことが現状です。また、本邦においてはドナー角膜が十分に充足しているとは言えず、移植臓器において長期的に免疫寛容(免疫抑制剤を中止しても移植臓器が十分に機能する状態)が成立することが臨床的に重要です。

そこで、私は制御性T細胞という拒絶反応を抑制する細胞を用いた角膜移植に免疫寛容を誘導する新薬の研究をしています。
関連する論文
Pre-banking microbial contamination of donor conjunctiva and storage medium for penetrating keratoplasty.

Impaired Function of Peripherally Induced Regulatory T Cells in Hosts at High Risk of Graft Rejection.

Proangiogenic Function of T Cells in Corneal Transplantation. Transplantation,doi:10.1097/TP.0000000000001390 (2016).

In Vivo Expansion of Regulatory T Cells by Low-Dose Interleukin-2 Treatment Increases Allograft Survival in Corneal Transplantation. Transplantation 100, 525-532, doi:10.1097/TP.0000000000001044 (2016).

Graft Site Microenvironment Determines Dendritic Cell Trafficking Through the CCR7-CCL19/21 Axis. Invest Ophthalmol Vis Sci 57, 1457-1467, doi:10.1167/iovs.15-17551 (2016).

Ocular surgical models for immune and angiogenic responses. J Biol Methods 2(3):e27, doi:10.14440/jbm.2015.78 (2015).