角膜 | 眼科医 猪俣武範オフィシャルサイト

角膜

角膜とは目の表面を構成する5層の細胞で、いわゆる黒目の部分です。
しかし、実際には角膜は透明であり、私たちが普段見ている黒目もしくは茶目の部分は透明な角膜を通して、角膜の後ろにある虹彩を見ています。
角膜の透明性は私たちの視機能に大きな影響を与えます。外傷や感染症などの瘢痕や血管新生により角膜の透明性が失われると視力は低下します。
そこで、私は角膜の創傷治癒、血管新生に注目した研究をしています。